[ 私の体験談 ]  mp3
  この子猫たちは私の先輩宅へ遊び?に来られる可愛い子達です。
マンション住まいでなければ私の家族にしても良いのにと思いました。
先輩のホームページより抜粋させていただきました。
ところでなぜこの写真を、と思われる方もおられると思いますが、聞いてください、
いや、読んでください。

私は会社でお昼は、たぬきの弁当を食べています。
子猫とたぬきはどのような関係???
別に関係はないのですが、弁当の袋にたぬきと書いてあるだけのことですが。

すこし前まではうさぎの弁当を食べていましたが、うさぎが勝手に弁当屋をやめてしまったので
困っていた所、たぬきさんが配達してくれる事になったのです。
けっこう距離があるのに私の一食だけです、有難う、たぬきさん。


それで弁当を食べると魚の骨とかその他食べ残しが出ますよね、生ごみとして捨てればそれまでですが、
この暑いさかりですからごみ入れのふたを取ると猛烈なにおいですよね
それで考えたのです。

会社の前を散歩している猫たちに食べて頂こう、これですべて解決、
もしかして猫たちとお友達になれるかも。 差し上げた食べ物は毎日きれいに食べて頂いてました。

さてどんな顔をした猫かな美猫であってほしいがと、気になる毎日が続いた。

と、ある日魚の骨が、するすると消えていくのを見ました、ムムムム 顔も見せずに、
なかなかこうみょうなやつ。 見たいけど驚かすかもしれないので30秒ぐらいたってから見たら影も形ちも見えなかった。

何日か過ぎた日相手もなれてきたようで゛3個ぐらい置いておくとちょっと目を離したすきに
1個無くなっているようになってきた、
もしかして友達に、と思ってじっと見ていたら黒っぽいやつがもうひとつパクっとくわえてもって行った、
その姿はなんとマウスだった。

それからはお昼になると餌場を走り回るようになりとうとうマウスの友達?ができてしまった。

このジェリーと長く付き合っていくべきか、また一つ悩みが増えてしまった。
************
追記
ジェリーのやつだんだんずうずうしくなってきた、餌の台に乗っかって催促するようになってきたのです。

ここで思い出したのが日光の日本猿である、
観光客が食べ物を与えるのでもともとの生態系が壊れてしまっている。
私は決心した、トム になろうと....。

それからはジェリーが来たら、ほうきをもって追いかけ回したのである。
二三日同じ事を繰り返したらあきらめたようで、それいらい来なくなった。
元の生態系に戻って、一件落着となり、これで私の悩みが一つ消えた。

************

2001年11月21日
今年夏頃、またまた、「 たぬき 」さんが廃業となった
安くって美味しい弁当だった、しかも美人な奥様に毎日毎日きちっと届けて
頂いて居りました。
非常に残念です、これからどうしようと思案していたら所、近所の
車の板金屋さんが5年ぐらい前から配達して貰っていると言うお店を
紹介してくれました。

なんと、お店の名称が今度は「 とん吉 」さんです。
本業は豚カツ屋さんですが弁当も手がけているとの事です

「 うさぎ 」から「 たぬき 」そして「 豚 」さん...
の とん吉 」さんです、私は動物の名前の弁当屋さんに縁が
有るようですね。
今度はなにかな、などと考えたりして...。

それからジェリーのやつ私が弁当を食べていると、時折誘いを掛けるがごとく1mぐらい先を猛烈なスピードで横切ったりしていますが、誘いに乗らぬよう見て見ぬ振りをしています、本気で追いかけると疲れます、工場ですから危険がいっぱいでジェリーを追いかけて怪我をするなんて、笑い事で済まされない、もう何回も擦りむいたり、ぶっつけたり、体中傷だらけに、あわてて弁当をひっくり返したり、もう沢山、でもまだ負けたわけではない、そのうちきっと....。


**********

2002年4月11日
 桜も散ってすっかり葉桜になった、八重桜は今が見所の様子のようだ。 さて相変わらず工場の中を走り回っているジェリーだが、4月に入ってから工場の上司も朝表のドアーを空けたとたん、目の前を走られるのでこれは堪らんと云う事で駆除する事になった。

始めは毒入りのえさを置いたりネズミが嫌がる薬品を置いたりしたがその効かはほとんど無かった。 結局ネズミ捕りと云う檻、中にえさがついていてそれを引っ張ると扉がバネで閉まる、を買ってきて仕掛けた。

始めはえさがビスケットみたいなのが付けていたのでしばらくは掛かる気配は無かった。 ジェリーは揚げ物を好む様だったので結局チーズを仕掛ける事になった。
3日目ぐらい経った日出勤したら、上司がご機嫌良く掛かったぞーと云って持ってきた、なんと散々てこずらせたジェリーが檻に入って神妙な顔をしてこちらを見ている、 あのずる賢いジェリーもチーズの魅力には勝てなかったようだ。

得意顔の上司いわく、白昼から我が物顔に工場の中に進入し走り回った罪は許しがたい、よって本日一日さらし者にし翌日水没の刑に処す、と云ってトラックの荷台に置いて行った。

ときどき見物人のごとく見にいくと神妙な顔つきでじっとして動かない、もうこれまでとあきらめた様子に見える、私はそばえ行ってお前も明日までの命だなぁーと、今度生まれて来るときは、ハムスターになってペットとして可愛がられるんだなと云ってやったが、ネズミ語は知らないので伝わったかどうか定かではない。

お昼になり、とん吉弁当を食べ容器を洗いに表へ出たら、なんとジェリーがいない、檻の扉は閉まって居るのに、と良く見たら1.3ミリの鉄線が角の溶接部分が剥離して数箇所内側へ曲がっている、鉄線に噛んだと思われる汚れがはっきりと付いていた。
その曲がった鉄線を手で曲げてみたら結構硬い、良くぞこれを曲げたものだと我ながら関心した次第。


この檻の手前のやや左下がりの白っぽく見えるのが曲げられた針金、結局ジェリーは檻から脱走に成功したのであった。
敵ながらアッパレなやつ

今度はこちらが仕返しをされるのではと、気が気じゃない感じがする、さてどうなる事か。
また、上司の得意顔もわずか半日で終わった。

**********

F-Minamide