私の電子回路への忘れられない思い出

 記
電子関係については子供の頃から興味があり、深い思い出があります。
小学生の頃ラジオから人の声やさまざまな音がどうして聴こえるのだろうと何時も不思議に思っていたのです。

ある日両親が居ないときラジオの中を見てみようと思い棚からやっとの思いで下へ下ろし裏蓋を開けてみた、なにやらガラスの球とか金属の箱やらが目に付いたが音が出る仕組みなんぞ、とんと分からず、ただ見るばかりだった。
と、奥の方に馬蹄型の磁石が目についた、かなり大きい、大奮闘の末その磁石を取り外す事が出来た、しかしラジオの中はめちゃめちゃになってしまった。

当然だがもうラジオとして聴こえない、どうしよう・・・・。( ; _ ; )
兎に角有った場所へ収め親にしかられるのを待つのみだったが、取り外した磁石の威力に取り付かれ心配心は消えていく・・・。

夕刻になり両親も野良から戻りストーブの回りへ・・・。
父親がおい ! ラジオをつけろ、と言った、どきっとした、兄がラジオのスイッチを回した・・・・、いつまでたっても音が聞こえない・・・もう心臓がどきどきであった。

父親が突然立ち上がり今日はラジオが休みの日かなどと言いながらスイッチをガチャガチャと回したり、ラジオをたたいたりしていたが、とうとう自命がきたかと、あきらめてくれた、あの時の恐怖心は今でもしっかりと焼きついている。

しばらくして、新しいラジオを買う事になり、壊したラジオは私が勉強すると言ってもらってしまった、誰も居ないときにばらし始め一つ一つの部品を宝物として木箱へ収めた、この出来事が私の電子工作への始まりと思っている。

その壊したラジオは真空管が4本で前面に感度と言うツマミが有り回すと音が大きくなり最後にピューっと発信音に変る、この事から「並み4」と呼ばれていた一般的な再生式ラジオであったようです。

戻る